So-net無料ブログ作成
検索選択

保育士指導・2. [セミナー]

学校でできることには限界があります。
決まりのない個人の教室で現場に役立つようなレッスンをしていかないといけなくなります。

実情をよく知ってらっしゃる三上先生のセミナーでは毎月たくさんの季節の歌を弾き歌いしなければいけないことや、手遊びをとりいれたレッスンをしていただきました。

これは私たちがすることではなくてあくまでも「こういうことが必要なのです」というレッスンです。
リトミックは月2回なのでその月は季節のお歌そ2回同じものを使っています。弾き歌いも手遊びやリズムをとりながらするため既成のCDやないものはあらかじめ録音したものを使っています。

弾き歌いをするのにはピアノももちろんですが歌詞も覚えておかないといけません。歌詞がなかなか覚えられなくっていつも一人で踊りながら練習です(笑)そしてだんだん歌声が大きくなります。
子供のころちゃんと覚えた歌は今でもうたえるのにねぇ。

伴奏形態はその園によって違うかもしれませんが、課題はできるだけ自力で頑張ってもらって就職するまでにたくさんの童謡・唱歌をレパートリーにできるようにレッスンするべきだと再認識しました。
子供の通っていた園では生活発表会のオペレッタも先生が伴奏してました。めっちゃ難しそうなの!!

夢を実現させて楽しく(しんどいと思っているのは子供に伝わってしまう!)長く続けていってもらえればいいなあと思います。

三上先生の著書
2016年11月24日.JPG


いつも有難うございます!
a href="http://blog.with2.net/link.php?1478209" title="人気ブログランキングへ">
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
ブログ村へ

保育士指導。 [セミナー]

教育学科の生徒さんのレッスンをしていて常々思っていたこと。

「学校の課題をこなしているけど現場で使えるのか?」

という疑問です。
私は幼稚園・保育資格は持っていないので現場に出たことはありませんが、学校の課題はバイエル程度テキスト・弾き歌いを授業とテストで行っています。
去年は(生徒さんは2年生の4月から来ています)楽典?というか調とかコードとかの筆記勉強だったらしいです。
今は学校で発表しないといけない課題を毎週確認するというレッスン。

それではなんだかイマイチなので、視唱・視打のソルフェージュとコードが付いている童謡・唱歌に和音の伴奏を付けたレッスン、たまに立って弾かなくてはいけない場面もあるかもしれないのでたって弾き歌い等行っていました。

ただそれは教室でしているリトミックのレッスンで必要としていることを応用しているであって保育の現場では音楽だけしているわけではありません。
子供たちの先生もいつも遅くまで制作したり大変そうでした。
音楽に関して実際先生になってからとっても苦労するんじゃないかと。
最初からめっちゃめっちゃ弾ける人はちょっと練習してあとは他のことに時間を費やせます。
でもバイエルもままならない方にとっては、新しいお歌をするたびに時間をかけなければいけません。

今回、現場経験のある先生のリアルな実体験と現状、保育士さんが困らないためのレッスンを付けてあげてほしいとお使いになっていた教案にそっての講座を受けました。
「こんなレッスンをしましょう!」なんて感じじゃないです(笑)

「ホンマ困るから、何もしらんと行ったら大変で続かんから」

大変勉強になりました。トーク楽しかったし。
長くなるのでまた続きます・・・。

いつもパワフルな三上香子先生のHP
http://mikanpiano.grupo.jp/

いつも有難うございます!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
ブログ村へ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。